Q2−ANSWERQ"

 自分のしたい遊びを満足するまで行い、満たされた経験や自分の思いを十分に聞いてもらえたり、受け入れてもらえた経験をすることで相手の気持ちに気づけたり受け入れられるようになります。
 やがて、友だちを求めるようになり、より楽しく遊ぶためにはどうしたらよいのかを考えます。
 ルールを守る必要があることを知り、時には自分の気持ちを抑えて、相手の気持ちを理解しようとします。
 このような関わり合いを持つ中で、互いに育ち合っていくのですから、決してわがままにはなりません。

齊藤 久志 
Copyright by hamatake kindergarten